アニメ感想

1d3bf538124696e4aef3029ba554a310_m

みなさん、ケントゥです!

ところでみなさんってリール使っての本格的な釣りってしたことありますか?僕は釣り堀がメインなので店員さんから”つりざお”を借りての練り餌をつけて鯉釣りします。ですので本格的な釣りはしたことはないです。一回だけ父とブラックバス釣りで使ったくらいです。

僕は本当に釣りド素人なのでよくわかりませんがリールとキャスティングはやり方があるようですね。「え?そんなこと知らないの?」という方もこれ見ているかもしれませんが素人陣からしたら本当に分からないんですよね。今回『放課後ていぼう日誌』第2話を見て初めて知りました(笑)

そこで今日は前回と引き続き『放課後ていぼう日誌』れぽーと02「リールとキャスティング」をアニメ好きが感想をレビューしたいと思います。(ちなみに冒頭は生●呂だぜgood)


いっぱいのクーラーボックス

家に帰宅した陽渚(ヒナ)はクーラーボックスいっぱいに入った魚をみせるとお母さんが
「なにこの魚?どうしたの?」と問いかけます。

「私が釣ったの」と陽渚が答えますが、それでもお母さんは「なんで?」と問いかけます。
釣りの部活に入ることになったと言うと、「あんた手芸部はどうしたの!!?」と驚かれます。

そんなお母さんのリアクションに冷や汗を垂らしながら言います。「なんというか成り行きではいることになったの」とそんな答えにお母さんは「あんたがいいならいいけど」と言います。

そんなボックスを見てお母さんは「じゃあこれからはおいしい魚釣ってきてよ」と期待します 

そこに陽渚のお父さんが登場。

「懐かしさね。俺らの時もあったぞ!ていぼう部」

すかさず陽渚が「そんな昔からあったの?」と聞きますがお父さんがまた一言を言い放ちます。

「聞いた話だと創立の頃からあったって聞いたぞ」

「なんか変わり者ばっかおったな~」と一言。
心のなかで(あーわかる)と思う陽渚。



体力がない。ひりきな陽渚
p_001 (1)
そして朝、自転車で夏海と学校へ。

話は”一度釣りすると感触が忘れない”だとか、”魚を釣って刺身するとおいしいんだ”とか。

食べ物の話をしていると夏海はよだれを”じゅるり”と出します。

そんな高校では体力測定の日。陽渚は体力測定をしますが、インドアなので体力がないです。


体力測定は散々な結果。そしてお昼休み。

そんな夏海に元気出せよ。とおかず交換

そして放課後。部室が「堤防」にあるので
「体力測定でこの距離はキツイ」と言いながらも部室へ自転車で向かいます。


新にゅうぶいんの伝統。
p_003 (1)
夏海ともにていぼうに着いた時には黒岩部長が先にいました。2年の大石先輩は生徒会。

彼女の特等席である
ソファーでくつろいでます。

すかさず夏海が聞くと「今日はなんもしませ~ん」「やるきなーし」と言います。「えっえーなんで?」と二人は聞きますが部長は「体力測定で力尽きました」と一言。

ここで夏海がツッコミ!

そんな部長は「釣りたきゃ勝手に行きなっせ。あたしは寝る」と無責任な黒岩部長

陽渚はやる気もない黒岩部長を見て、「期待した。あたしが悪いんだ。むしろこっちが本当の…(部活)」と落胆。

ここでこの女狐なにかを「思い出した」とテーブルに物を置きます。それは糸が絡まって巻けなくなったリールの数々。さらに一言。

「これ代わりに使えるようにしておいて~」と。そんな部長に数分間、思考停止。


そして夏海が(無視して)
「釣りに行こう」と言いますがそこは部長が引き留めます。


引き留める部長が「これはな。ていぼう部の伝統でね。新入部員に整備させてリール使い方を分かってもらう儀式たい」と言う。「嘘だろ」と思う夏海。

そんな夏海とは違う陽渚は。
p_004
絡まったリール見てうずうずが止まらない。手芸部ばかりやっているせいか絡まったものを見ると解きたくなる傾向が。

そして分からないところは夏海の手を借りて整備。

リールが綺麗になったところで”2年の大石まこと先輩”が生徒会からていぼう部に。

リールのことを聞きますが、

実はこれ部長の嘘。二人はままと部長の口車に乗せられたのです。大石先輩に怒られないように建前でリールとつりざおをお礼として陽渚にプレゼント。手伝ったのに夏海はなし。

キャスティングを覚えるために”ていぼう”へ。


リールとキャスティング。
p_006 (1)

この4人のメンバーで堤防で向かいます。まずは背の高い大石先輩がお手本を見せます。

そして大石先輩のキャスティングは綺麗な曲線を描くのでした。そしてお手本を教えた後に陽渚がチャレンジ。同じ工程でキャスティングしてこんにゃろーと言って投げますが


なぜか夏海のスカートを釣りあげる(笑)

針を外した状態で練習しますがルアーが夏海に当たります。何回も。

夏海に引き寄せられているんじゃんないの?」部長も言います。

そんなことで部長と大石先輩のアドバイスを貰いながら練習に励むのでしたー。



『放課後ていぼう日誌』れぽーと02「リールとキャスティング」を感想!

この『放課後ていぼう日誌』を見て思ったのはキャスティングって結構体力いるんだと思いましたね。

あの動作を繰り返すわけですよね。餌がついてなかったら巻いて、魚食いついたら引いて巻いてという感じに。結構魚釣りに行った次の日って筋肉痛になる人っているかもしれませんね。

釣るときに腕の筋肉と足の筋肉を使うわけですし。タイミングも待つ忍耐力も大事なわけですよね。大変です。僕もいつかは海釣りに行きたいものです。

でも住んでいる箇所が内陸よりなので海に行くのは大変なんですけどね。日帰りはちょっときついです。一泊二日釣りしながら泊ってのキャンプなんていいかもしれませんね。

おそらく僕もルアーが明明後日の方角に行くかも(笑) ルアーの針が夏海のスカートに引っかかるは流石に笑った(^O^)

リアクションは発見です(笑)


ブログランキング実施中ですよろしくお願いします。


アニメランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

f731f6dc3c9c1db4e2d03735a3762157_m

こんばんは、ケントゥです。
ところでみなさん中に前世の記憶がある人はいませんか。
人間って記憶にないけど、前世の記憶というものが存在するみたいですね。前世で経験したからこれ知っているよ。やったことがあるよという話をネットとかで聞きます。

日常でよく初めての物、初めて経験することってありますよね。でもそれって知らないのに予感で「これは危険なものだ」「悪い人」と無意識に判断できるのは前世の記憶なのかもしれません。

いわゆるデシャブやつもそうなのかも。

と言っても僕はー半信半疑でそういうの全く分からないですけど、あるんでしょうねたぶん。そこで今日はテレビアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第1話をアニメ好きが感想をレビューしたいと思います。



「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」のあらすじ

カタリナ・クラエスは公爵家の娘ということもありわがまま放題な娘でした。

「あれが欲しい。」「これが欲しい。」気に入らないことがあったらメイドはクビ

そんなカタリナ・クラエスが8歳の時に城に出向いたときソルシエ王国・第三王子ジオルドと話をしている時に転んでしまい、前世の記憶が蘇ります。

そしてあることに気づきます。自分は事故に遭って命を落としてしまったJK(女子高生)だということ。現世が過去の自分が朝まで熱中していた乙女ゲーム「FORTUNE・LOVER」の世界であること。カタリナ・クラエスはゲームのヒロインを邪魔するライバルだということに気づきます。

残念ながらライバルのカタリナ・クラエスは「国外追放」「王子に殺されて死亡」という運命しかまっていません…

果たしてこのゲームをやりつくした彼女は
”この運命をねじ曲げることができるのか”というのがあらすじ。




主人公は悪役令嬢??

01

カタリナが8歳の時に王子に父と一緒に王宮へ出向きます。
そんなお城でもわがままは健在です。

「いやよ!こんな嫌」「なんでリボンが青なのよさっさと取り替えてよね。」と自分が選んだリボンにも関わらず「今の気分はピンクなのよ」とわがまま放題。しまいに「あんたら全員クビ」

そんな中、お父さんと第三王子であるジオルド・スティアードが室内に入ってきます。
王子様にご挨拶をし、そして王子が城内を案内するため共に中庭へ。

そんなジオルドのカッコよさに一目惚れ。中庭でも「靴擦れしたわ~歩けない」と腕をつかみべったり。廊下でさしかかった王子の弟のアランが「ふん」と素通り。


そんなカタリナは「なによ失礼な方ね。」そんなジオルドは「弟のアランです」と紹介しますが
カタリナは不思議そうな口調で「まぁちっとも似てらっしゃらないのね」と一言。

そんな様子を見てジオルドは「もう足は平気なようですね」と言ってジオルドは一歩前へ行きます。カタリナはそんなジオルドを追いかけて頭から転びます。

その転んだ衝撃で過去の前世の記憶らが脳裏をよぎるのでした…


破滅のルートを回避するために努力!

03

そんなこともありジオルドとは額に傷つけてしまったことで婚約者に。

王子が退出後カタリナは頭の中を整理します。今いるこの世界は前世の自分が熱中したゲーム『FORTUNE・LOVER』の世界。そして15歳で魔法学校に入学したの主人公マリアは4人の攻略対象と出会う。

・1人目はソルシエ第三王子であるジオルド・スティアード。
・2人目はそんな王子の弟、アラン・スティアード。
・3人目はカタリナ・クラエスの義理の弟、キース・クラエス。
・4人目は宰相の息子ニコル・アスカルト。

そしてジオルドの婚約者で悪役令嬢カタリナ・クラエス。
前世で『FORTUNE・LOVER』を熱中した彼女はジオルドルートで辿る運命を知っています。

ハッピーENDならマリアへの嫌がらせで裁判になり身分を剥奪されて国外追放されてマリアと婚約。バッドENDなら主人公をナイフで襲ったカタリナはジオルドに返り討ちに遭い命を落とし、マリア婚約しないでジオルドは国外へ…

どっちみちカタリナは死亡or国外追放。BADオンリー
そんなゲームをやりこんだカタリナは脳内会議で議決します。

「(ジオルドに)殺されそうになった時の為に剣の腕を磨くのよ。」「さらに魔力を高めておいたほうがいいわ」「それなりの魔法が使えれば国外追放された時も職には困らない」というものでした。

剣術の練習と魔法に触れ合うために畑づくりをして努力するのでした。



義理の弟キース・クラエス

05

そんな努力家のカタリナもとに新たな家族としてキースが家族となります。

カタリナにとっては第二の破滅フラグです。

でもカタリナの記憶ではキースは遠い親戚でその家族の”愛人の子”ということもあり、カタリナと勘違いしたカタリナの母にいじめられて籠ります。そして成長したキースは魔法学校では当時の孤独を埋めるかのように浮名を流すチャラ男に…

そしてマリアと本当の恋に落ち、邪魔したカタリナは国外追放or魔法で死亡です。

そカタリナはキースと仲良くすれば破滅ルートを回避できると考えます。

そしてカタリナはキース仲良くしようとするのでした。


キースとカタリナ

tree_keyaki
そんなカタリナの意外な一面を知ったキースは身を委ねます。本当の姉弟ように剣術の練習したり、畑仕事したりするほど。

会話の流れでキースも土の魔力を持っていることを知っていたカタリナはキースに

「どんなことができるのか見せてくれない?」と言いますがキースは後ろめたい様子。
興味津々のカタリナにお願いされてキースは「少しだけ」と魔法をみせるのでした。

キースの魔法は土人形を作って自由に動かせること。大きいサイズもできることを知ったカタリナは「これで国外追放されても人件費はかからないわ」と考えます。

8歳のカタリナは「キース大きいの作って見せて」と、その熱意に負けてキースは巨大サイズの土人形を作ります…そして事故が…起こります。

そんな大きな土人形作ってもらったカタリナは興奮したのか自ら土人形に走りこみます。

そして土人形の手がカタリナに当たり、気を失うのでした…



ドアをこじ開けるカタリナ。

ono



ふと目を開けるとカタリナの両親が心配してます。
そして、すかさずキースのことも心配しますがキースも無事だったことに安心します。

そしてお父さんがキースのことであることを言います。

・キースは強い魔力を持っているが使いこなせないこと。
・魔法を使わないと約束していたこと。
・以前、魔力を暴走させて兄弟を傷つけてしまったこと。



そんな話を聞いたカタリナは「キースはどこにいるの」と聞きますがキースは責任を感じて部屋に籠っていると述べます。

それを聞いたカタリナは「キースは悪くない」「悪いのは私」とキースのもとへ急ぎます。
でも責任を感じたキースはドアを叩いても出てきません。


そして籠っている部屋のドアをこじ開けてキースに謝るでした。


『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」を感想!

僕は今回『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』を見ていて本当に面白かったです。対抗するために”野菜育てて魔法に触れたり剣術を練習したりする設定が面白い”ですし本編見ていて笑いました。

本編ではヒロインである女の子たちと仲良くするんです。PV見た感じだと。

確かにゲームでのカタリナは悪者ですが、転生した女子高生(仮)は弟思いでいい子だなと思いました。これから登場人物が増えてどんな展開が待っているのか楽しみです!!

期待できるアニメです。僕はそう思います。
でも人の感性なんてわからないからそうも思わない人もいるかもしれません。

前世の記憶があったらその経験をもとにお金稼ぎなんてできるのかもしれませんね(笑) 

でも破滅が待っているのは勘弁です(笑)



ブログランキング実施中です。よかったらお願いします!!

PVアクセスランキング にほんブログ村


アニメランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ