2020年03月

PP_insk_TP_V

みなさん、こんばんはケントゥです。


みなさんはローラースケートはお好きでしょうか?ローラーシューズを着けて腕を振る感じに足を上げて「シャカシャカ」と滑るんですよね。きっと何回か爽快に滑ったことは楽しいですけど、滑れない僕としては嫌いです(*´Д`)

小学生の頃に何回も練習したことがあるのですが、何回も転んで尻もちをついて滑れなくて、本当に悔しかった思い出があります。最近、19年ぶりに滑ったのですが、滑れなくてまるで「生まれたて小鹿」のような感じになってしまいました(笑) もう神様を呪うしかないですね(笑)


滑れる人はかなり羨ましいです(笑) ちなみに自転車は乗れます( ˘ω˘)スヤァ
実際にのれる人をみて「滑れる人ってどんだけバランス感覚良いんですか?」と思います。


ちなみに僕はもう二度と滑りたくないですね。

ほかのスポーツはしますけどね。むしろ僕と同じように乗れない人は多いのではないでしょうか。


そこで今日はローラースケートあるあるを書いていきたいと思います。



滑れない人には別の乗り物に見える。

BIBAI19882197_TP_V

高い所が苦手な人と同じようにローラースケートが滑れない人は、滑る前は簡単そうに見えても、滑る時は全然違います。簡単に言いますと自転車から飛行機を操縦する感じです。

またローラースケートのシューズを着けた後とつける前では景色が違います。例えでいうとただの台なのに登ったら高層ビル並みに高く見るような感じです。言い過ぎかもしれませんが(笑)


練習すれば滑れる人もいますが、バランス感覚もない、運動神経も悪い人には無理難題かもしれません。滑れる人は何回も練習して乗れるようになった人です。練習なしで滑れる人なんていません。



なかなかバランスがとるのが難しい。

jengaIMGL1704_TP_V

ローラースケートは4つのホイールでバランスを取るのですが、縦一列でバランスを取るのが難しいですよね。でもローラースケートによってはホイールが車みたいに安定しているクワッドスケートもあるのですが、あれはなかなか売ってないです。

昔見たふつうの靴の裏にローラーが付いている靴なんて当時憧れでした。スイスイ滑れるなんてカッコイイですもの。大人になった今は恥ずかしくてできないですけどね(笑)


はじめてスケートシューズを着ける人は必ず肘あてや膝あてなどヘルメットなどしっかりとつけて安全確認をしてから滑りましょう。車と接触したら大変です。






昔、滑れたけど今はすべない人もいる。

inlineskate

昔、滑れた人でも大人になった今では滑れない人が多いです。大人になって運動量も減り筋肉が劣り始めたからだと僕は思います。

ローラースケートをする機会なんてラウンドワンのスポッチャか子供に教えるぐらいしかないですからね。仮に昔は滑れて感覚が覚えてたとしても筋肉は衰えます。


ローラースケートは全体を使って普段使わない筋肉も使いますからね。明日には筋肉痛になります。もしも、自分の子どもに教えた時に滑れなくて「カッコ悪い」と言われても仕方がないです。

子どもには車の危険性やローラースケートでの注意を最低限に教えてあげましょう。



友達と遊ぶときはローラースケートを避けたくなる。

LGTM_dandast22_TP_V

友達と遊ぶときにローラースケートで遊ぶというのは滅多にないのですが、ラウンドワンのスポッチャや大きな公園とかには、ちょっとした遊び場にスケート場があることが多いです。

なにかしらの友達の付き合いだと、ローラースケートを滑ることもあるかもしれません。僕もラウンドワンに行ったときにローラースケートを滑りましたがもう二度としたくありません。

「ああ、あの時に滑れないから」と言っておけばよかったと思っています。苦手なことに挑戦することも大事ですが「人間できること」と「できないこと」があります。


「無理をせずにNO」と言う、勇気も持っておきましょう。
「付き合い悪いな」と思われても、友達は分かってくれるはずです。



まとめ


たとえローラースケートが滑れないとしても日常生活で困ることはありません。僕は滑れませんが、滑れる、滑れないはその人次第です。滑れなくても楽しいことはいくらでもあります。

本読んだり、寝たり、アニメ見たりと色々と楽しいことはあります。

決してその人が楽しいことは、自分も楽しいことではありません。嫌だったり嫌いだったりします。もしも遊ぶとしたら、できるだけ同じ趣味で遊ぶか好きなスポーツで遊ぶことにしましょう。

無理しても楽しくないですし、嫌になるだけだと僕は思います。


ブログランキング実施中ですよろしくお願いします。

備忘録・雑記ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

dandasanIMGL4805_TP_V (1)


みなさん、こんばんは!ケントゥです。

皆さんは気持ちが沈んだ時はありますでしょうか?人は生きていれば、必ず辛い時きつい時ってあると思うんです。ずっと同じ仕事している時、クレームを言われた時、自分の仕事が無駄になった時などの辛いことは社会に出れば経験するはずです。僕もそうでした。

学生の頃は分かりませんでしたが上司にぐちぐち言われたり、客にはクレーム言われるし、疲れていると問題は起きるし、起こった後は上司に物凄く怒られる(笑) ホント色々ありました。今は別の仕事ですが以前勤めていた所ではこういった感じでした。

それでも、たまに夢に出てくるんですよ。上司が(笑)
訛った感じに
「お~い ○○あそこはあ~しろって言っただろ?」「おめぇ何考えてんだ!」って(笑)

でもわかりやすく教えてくれるので良い上司(?)かもしれないです。でもアンパンマンという単語が出てきた時はびっくりしました(笑) 「アンパンマンって良い奴だよな!!」「は?」ってなりました。


これも社会経験だと思って必死に耐えてました(笑) 休みの日には気分転換をしてenjoyしてました。


そこで今日は気分転換になる10のことを書いていきたいと思います。



どこかへ出かける。

007elly181027C_TP_V

疲れた時は何処へ出かけることでしょうか。大変な仕事場や主婦の家事を忘れての一人旅も良いですし、友達とショッピングやグルメを食べに行くのもありですね。

車を運転して遠くの観光名所をまわるのもおススメです。水族館に動物園など生き物を見るのは最高の癒しになります。近場だったら友達と猫カフェに出掛けて猫を触るのも。

食べ物は市場などのいきがいい魚を調理した海鮮丼も最高です(笑) こんな感じで時間の使い方は人それぞれだと言えますね。新しいことを発見することも楽しいことです。


僕は外へ出かけて本屋さんへ行ってビデオ借りたり、ゲームセンターへ行ったり、
UNIQLO行ったりとゆっくりしながら気分転換しています。


※今はコロナウイルス(2020/03/02執筆)が流行してますので外出は控えてください。



家の窓を開けてみる。

crowncat130_TP_V

気分転換に窓を開けて換気するのもいいかもしれません。同じ空気ばかり吸っていると気分がまいってしまいます。外の新鮮(?)な空気を吸ってみるのも気分転換になります。

また部屋の掃除をしてみるのもいいです。大きなカーテンを広げて窓を開けて換気をして、掃除機をかけて奇麗にするのも良いです。なんだか知らないですけど(笑)、お掃除した後って気持ちがいいんですよ。空気が冷たくて。そして何も考えずに布団で寝るのは最高です。

僕は休みの日にやるのですが気づいたら夜の6時になっていて、そのまま外食へ行くことなんて結構あります(笑) 何事も縛られずに過ごしてみてもいいかもしれませんね。



体を動かして汗をかく。

dash160214490I9A8210_TP_V

身体が疲れている方にはあまり勧められませんが、気分が沈んでいるときに体を動かすのもいい気分転換になります。体を動かすことはストレス解消にもなりますし最高です。

身の回りから、できるストレッチや筋トレや散歩などから始めることをお勧めします。ここからスポーツジムに入るなどして本格的に汗をかくこといいかも。

僕も以前は鍛えてましたが体を鍛えることは疲れを抑制させる効果もあるので疲れにくい身体になることもできて体に余裕を持つことができます。筋トレはきついかもしれませんが少ない量でも毎日継続していけばある程度は筋肉をつけることができます。



銭湯へ行こう。

YAMA_DSC0947_TP_V


疲れた時は銭湯へ行くのも良いです。疲れた体に熱いお風呂は五臓六腑に染みわたります(笑) 汗をかいた体を奇麗に流すことができ、体が温まって血行が良くなるのでおススメです。お湯で温まった体に温泉牛乳を飲むのは風情があって最高に美味しいでしょう。


友達と行くのも楽しい。なにか話したりするのもいいかも。

長湯の後はゆったりと、休憩スペースの畳の上で寝るのもいいかもしれません。よく眠れます。一人でいくのであれば盗難にはご注意を。休憩時は貴重品は必ずロッカーに入れましょう。ロビーへ預けるのもいいかもしれませんね。


盗難が怖いのであれば家のお風呂でもOK。スーパーで入浴剤を買って温泉気分を味わうのも最高ではないでしょうか。そのまま戸締りを確認して布団で寝る。朝が気持ちいいです。



好きな飲み物を飲む

kazukihiro0803DSCF5656_TP_V


疲れているときは好きな飲み物を飲むのもおススメです。温かい飲み物は気持ちを落ち着かせてくれます。そのまま椅子に座ってなにも考えずに「ボーっと」するのもいいかもしれないです。

そのまま外を見て「いい天気だな」「次何しよう」など予定を考えるのもいいです。考えいてばかりいると余計に疲れると思うですよ。だから一回忘れてみるのも良いです(笑)

それか余計なことを忘れて、飲み物を飲みながら何かに没頭するのもおススメです。パソコンでブログ書いたり、裁縫したり、スマホで動画みたり、ゲームしたり、休日を楽しみましょう。



スイーツを食べる。

nichinanIMGL9208_TP_V


気分が沈んでいるときは美味しいスイーツを食べて気を紛らわすことにしましょう。美味しいものを食べれば気持ちは少しは落ち着きます。コンビニのスイーツでも良いですね。

カフェであれば友達を誘って、ちょっとお高いスイーツを食べるのもいいですね。

僕は疲れた時は甘いものを食べることにしています。コンビニアイスをよく食べています(笑) お金に余裕があったらサーティワンアイスクリームで食べますけど。甘いものを食べることは本当に楽しいです。ホント、気分転換になります。



好きな音楽を聴く。

ookawaIMGL3871_TP_V

好きなアーティストの曲をYouTubeやCD、アプリで音楽を聞くのもリラックスできます。音楽は気持ちを穏やかにする効果があるので聞くのもいいでしょう。

ヘッドホンを耳に着けて好きな曲を大音量で聞くのも最高です。僕はそれをよくやっています。ないもない自分の世界に籠ることも良いことです。

また曲の楽しみ方としては、歌詞の内容をしっかりと読んでどういう意味なのか?を考えることも自分を見つめ直すことも良いことです。意味に気づくと「なるほどなぁ~」と思えます。

それと世の中の「メンドクサイ」ことから逃げることもありです。「逃げるが勝ち」という言葉もあります。いっその事、嫌なことを忘れちゃいましょう。



本や漫画を読む。

airbGFVS3665_TP_V

気分転換として本や漫画を読むこともおススメです。これまで読んでいなかった本や漫画を一気に読むことも気分転換になります。また、本屋さん行くことでこれまで読んでなかった本や漫画を見つけることができます。

僕はいろいろな漫画を読みたいので漫画アプリを使っています。意外と漫画アプリは多いので退屈な時間を潰すにはもってこいですアプリは一日ずつ読めるので毎日の楽しみにしていますね(笑) どうしても気になる作品は本屋さんへ行くことにしています。








映画館で映画を見る。

BIBAI1995098_TP_V

家での小さいテレビ画面ではなくて、たまには映画館での大きなスクリーンで見るのも気分転換になります。映画館は暗い画面で大音量で映像を見るので嫌なことなんて忘れちゃいます。

映画の後は内容の鑑賞に浸って「あの映画よかったわ~」と感想をTwitterにつぶやくのもいいかもしれないですね。一緒に行った家族に話すのもいいでしょう。

忙しくて行く機会がなかったら、ビデオ屋さんで借りるのも手です。僕のおススメはマーベル系ですね。アクションシーンが好きな人は必ず見るのではないでしょうか(笑)






友達に逢いに行く。

STOCKER1202020_TP_V

休みの日に友達に会いに行くのもいいです。近場の友達に悩みを相談すると気を晴らすことができるでしょう。遠方の友達だったらカフェで待ち合わせして会いに行くのいいですね。現状報告をして「今までなにしていたの?」とか「今何の仕事しているの?」など話してみるのもの手です。


そして、「こんな悩みがあるんだ」と打ち明けるのも良いです。話せば気が楽になります。同じ悩みだったら解決策を一緒に考えてくれるかもしれないです。でも大体は共感できることかも。


ホント、久しぶりに会うことも楽しいですね。話しているとだんだん懐かしくなってきます。少年時代の思い出を語ってみるなど楽しいです。居酒屋さんでビール飲みながら楽しく語るのもいいですね(笑)



まとめ
yukayukaFTHG4566_TP_V

いかがだったでしょうか。現代人は色々あって大変ですよね。特に仕事。
楽してる人間なんていないです。上手く世の中に世渡りしていかないとダメですね。

どんな人でも疲れる時は疲れますからON・OFFのスイッチは切り替えないとダメですね。人間楽しくないとやっていけないです。工夫が大事です。僕も何年か生きてきてようやく分かりました(笑)


皆さんも休みの日は仕事しないで休みましょう。もちろん仕事上の休日の話です。

ブログランキング実施中ですよろしくお願いします。



備忘録・雑記ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ