816870 (1)
こんばんは!寒いですね!寒くなると、こたつやヒーターをついついつけたくなりますね。ぼくはむしろこたつの中には入って何もしたくないですね。


そこで冬は節約して暖かくて有意義な冬をすごしたいひとに簡単にできる防寒対策をご紹介したいと思います。



1.なぜ?部屋が寒いのか?

7cfc09ec406454df5f35c5801874a1a6_m

実は
部屋の暖かい空気の約50%は窓から逃げていくことがわかっています。ちなみに部屋の床、壁、天井からは約10%前後~20%前後の熱が外に逃げています。この数字を見てもわかるように部屋が寒くなる原因の半分は窓にあります。

暖かい空気は上へ寒い空気は下へ下がるためにこのように部屋が寒くなっていきます。



2寒いお部屋の防寒対策~~

・ぷちぷちを張る


窓にホームセンターなどで売っている梱包材のぷちぷちを窓の端に両面テープやガムテープで張ります。ぷちぷちは、熱をにがしにくい素材なので室内の空気を逃がすのを防止してくれます。

・窓
のすきまにテープを張る


窓の隙間にテープを張ることによって、中の暖かい空気が逃げにくくなります。テープはダイソーやホームセンターで買えます。ぼくがおススメするのはダイソーです。2mのテープや5mのテープが100円で売ってますので、安価で購入できます。

ただ、空気の入れ替えで開けるのでテープが消耗してしまうので定期的な交換は必要です。


・絨毯やマットにアルミマットや段ボールをひく

普段使っているマットや絨毯にアルミのマットや引っ越しや通販の段ボールを下にひくことによって
冷気が逃げにくくなるので保温効果
があります。

また、こたつのマット下に段ボールやアルミマットをひくと、よりいっそう保温効果が高くなります。代わりにぷちぷちの代用もいけます。


・ながめのカーテンや生地の厚いカーテンにする

カーテンは上手に使用することで寒さ対策に役立ちます。カーテンは生地が薄いと冷気を通してしまうので厚い生地がおすすめです。



最後に

細かい防寒対策をとることによって電気代や光熱費の消費を抑えることができるとおもいます。

また寒さ対策にもなりますので風の予防などなります。

この対策を実行していただいたら幸いです。ここまで読んでいただいてありがとうございました。