cat126IMGL6384_TP_V

みなさん、こんばんは!ケントゥです。

ところでみなさん、ドラえもんはお好きでしょうか?

僕は大好きで5歳の頃からドラえもんを見てきました。ドラえもんって夢があって良いですよね。

誰もが「こどもの頃にゆめ」を見ますよね!!

「過去や未来に行けたらいいな」「空が飛べたらいいな」
「いろんなところに出掛けられたらいいな」と夢をみます。

当時、小学生だった僕は漫画を読んでいて
そんな夢を叶えてくれるドラえもんがいる

のび太君がかなり羨ましいかったです(笑)


アニメを見ていても、僕はこう思ってました。


「のび太はいいよなドラえもんがいてさ」
「こんなの道具使い放題じゃんさ」と思ってました。

小学校の頃ってアニメと現実をごっちゃにするんですよね(笑)
たぶんドラえもんのような友達が欲しかったんだと思います。おそらく。


僕は小学生の頃、『ドラえもん』を見ていてそんな夢を夢見ていました。


だから、思っちゃうですよ。
いま、自分もダメダメだから「あードラえもん来るかな」って
実際は来ないんですけどね(笑)


もう自分で「何とかしろ」という話です。
日々苦しみながら生きてます(笑)

「はやく助けてドらえもん!!」


早くドラえもん開発されないかなって今も正直、願ってます。はい。


そこで今日は
「子供が大人になった今でも楽しめる」

ドラえもん映画を10選ご紹介したいと思いますどうぞ!!ご覧ください。


10位『ドラえもん のび太の太陽王伝説』




劇場用「ドラえもん」長編シリーズ第21作で、今回は古代文明マヤナ国が冒険の舞台だ。『ドラえもん』生誕30周年記念作品でもある。のび太の部屋と古代文明マヤナ国が秘密道具のタイムホールの故障で繋がってしまった。マヤナ国でのび太とドラえもんは何とのび太に瓜二つの少年ティオと出会う。王子ティオは、魔女レディナにかけられた母親=女王への呪いを解こうと修行していた。やがてのび太はティオと入れ替わって王子の生活を始めるが…。

旧ドラえもん。
『映画ドラえもん のび太の太陽王伝説』です。

のび太君とドラえもんは道具のタイムホール故障で古代マヤナ国の世界に繋がってしまいます。そこで出会ったのはのび太とそっくりの王子ティオに出逢います。

最初はわがまま王子のティオでしたが冒険を通してのび太君の強さや優しさを学んで次第にのび太君と仲良くなっていきます。

ティオとのび太君との友情やわがまま王子の王としての成長が見ものです!!

あとジャイアンが凄い!!



9位『ドラえもん のび太の宝島』




藤子・F・不二雄原作の国民的テレビアニメ「ドラえもん」の劇場版。シリーズ通算38作目、2005年に始まった映画版シリーズとしては13作目となる。ロバート・ルイス・スティーヴンソンの海洋冒険小説『宝島』をモチーフに、カリブ海を巡るドラえもんとのび太たちの大冒険を描く。ゲスト声優は俳優の大泉洋、お笑い芸人のサバンナ高橋茂雄、女優の長澤まさみ。TVシリーズの演出を手がけてきた今井一暁が監督を務め、脚本は「君の名は。」の企画・プロデュースを担当した川村元気が執筆した。
 ある日、ドラえもんから借りたひみつ道具“宝探し地図”を使って宝島を探していたのび太は、太平洋上に突然現れた謎の島が宝島であることを突き止める。早速のび太たちはノビタオーラ号と名付けた船に乗り、宝島を目指して大海原を航行。しかし島まであと一息というところで突然海賊たちに襲われ、しずかが海賊船にさらわれてしまう。その後、のび太たちは海賊船から逃げてきた少年フロックとオウム型ロボットのクイズと出会い、彼らと一緒に海賊船を追うのだが…。


こちらは星野源さんが歌う主題歌が『ドラえもん』が有名ですよね。予告編では星野源さんのこの曲が流れていて、大冒険にでるワクワクやドキドキを表現した感じになっています。

ドドドドド、ドドドラえも~んで面白いなと思った人は多いはずですよね(笑)
僕もその一人です。

のび太君の勇気やのび太君とフロックとの友情は必見です!
フロックのメカニックの腕が本当にすごいんです。

今作を見ているともちろんのび太君が凄いですよ。
誘拐されたしずかちゃんを助けるためにものすごく頑張るんです。

「のび太 意外と身体能力、高い」と思いました(笑)

作画も、むかしよりなので楽しめます。





8位『ドラえもん のび太の恐竜2006』










2005年4月、長年にわたりドラえもんの声を担当してきた大山のぶ代以下声優陣が総入れ替えとなった長寿番組「ドラえもん」。本作はその新生「ドラえもん」としては初となる長編劇場公開版。旧シリーズの記念すべき劇場版第1作目にしてシリーズ屈指の人気を誇る「のび太の恐竜」をリメイク。ゲスト声優は、神木隆之介、船越英一郎、劇団ひとり。またスキマスイッチが主題歌を担当。
 ある日のび太は、恐竜の化石を自慢するスネ夫に対抗し、自分も恐竜の化石探しを開始する。すると、ひょんなことから恐竜の卵らしきものを発見するのだった。そして、その卵を孵化させてみると、なんとそれは白亜紀の日本海近海に棲息していたフタバスズキリュウだった。のび太はこの首長竜を“ピー助”と名付け、ママに内緒で大切に育て始めるのだったが…。


のび太君の恐竜のピー助への愛や優しさ伝わる作品です。
ピー助を本当の住処へ返すためにのび太君たちは白亜紀の日本まで旅をします。

そこでは困難の連続や悪役に襲われたりします。
みんなで協力して乗り越える展開は必見。
普段のドラえもんでは見られないシーンがたくさん見られます。

最後の住処へ返すシーンは涙なしでは見られません。本当に感動します。

新旧どちらとも名作です。



7位『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』




脚本は原作者の藤子・F・不二雄、監督は芝山努。主題歌「何かいい事きっとある」を島崎和歌子が歌った。ある日、のび太の元に届いた1個のトランク。開けると中から、不思議な門が出てきた。門をくぐってみると、そこはいろいろなものがブリキでできている“ブリキン島”というところにある“ブリキンホテル”だった。ブリキンホテルに滞在していると、突然、ブリキの飛行機がホテルを襲撃してきた。しかも、なんとドラえもんが連れさらわれてしまう。うろたえるのび太の前にサピオと名乗る少年が突然現れ、ドラえもんをさらったのは“チャモチャ星”のロボット“ナボギストラー”だと教える。ナボギストラーは自らが発明した道具で人間を堕落させ、チャモチャ星を乗っ取ろうとしているのだという。サピオはそのナボギストラーを倒すため、共に戦う戦士を探して、宇宙船ブリキン島に乗って地球に来ていたのだ。のび太たちは早速ドラえもんとチャモチャ星の人々を救出しに、ブリキン島で旅立つ!

allcinema:『映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮
なんとこの作品の敵は人工知能。つまりロボットが敵です。
ドラえもんたちがバカンスで向かったチャモチャ星は
人工知能が開発されてAIに支配されてました。

そこでチャモチャ星を救うために奮闘わけです。

なんか「人工知能」と聞くと現代的な話ですよね。でもこれ20年前以上の作品です。

驚きですよね。漫画の原作者は先を予見しているところがありますよね。

映画自体のテーマは怖く。ドラえもんが大変なことになります。


お子さんにみせるには
ちょっとトラウマになりそうです。



6位『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』




脚本は原作者の藤子・F・不二雄。監督、芝山努。主題歌「少年期」を劇場版「ドラえもん」シリーズの主題歌作詞を数多く手掛けている武田鉄矢が歌った。ドラえもんとのび太、しずかはビデオを撮影中に小さなロケットを発見する。そのロケットは“ピリカ星”の大統領パピが乗ってきたものだった。パピは独裁政治を行おうとしている反乱軍から身を隠すため、地球に逃れてきたのだ。だが、反乱軍の首謀者ギルモア将軍は、パピを捕らえようと追跡部隊をさし向けてくる。パピを守るため、ひみつ道具の“スモールライト”でパピと同じ大きさになり、“かべ紙ひみつ基地”にパピをかくまうドラえもんたち。だが、ギルモア将軍の手下にスモールライトを奪われたうえ、しずかを人質にとられてしまい…!?

allcinema:『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争
何と言っても、主題歌「少年期」を歌う武田鉄矢さんの曲は名曲です。
僕が大好きな曲です。たまにカラオケで歌いたくなるほど。

何と言っても懐かしさがある曲です。ほんと神曲。

小さくなったしずかちゃんが牛乳風呂を楽しんだりするシーンは必見です(笑)

何と言ってもすこしエ●い!昔のアニメですからね(笑)
これは今の子供には見せられないですね(笑)




5位『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』




藤子・F・不二雄原作の人気TVアニメの劇場版。7万年前の日本に家出したのび太たち5人が、ひょんなことから出会った原始人の少年を助けるために繰り広げる大冒険を描く。オリジナルは1989年の「ドラえもん のび太の日本誕生」。監督は「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」の八鍬新之介。
 家でも学校でも叱られてばかりで、ついに家出を決意したのび太。同じ頃、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれに家出をしようとしていた。しかし今の日本には誰にも邪魔されずに家出できる場所がないと知り、途方に暮れる。そこでのび太たち5人は、タイムマシンで7万年前の日本に家出することに。原始時代の日本で自分たちだけのパラダイスをつくり、家出を十分満喫して現代へと戻ってきた一行。ところが、時空乱流に巻き込まれてしまった原始人の少年ククルも一緒に現代に来てしまう。しかも話を聞くと、彼の家族がいるヒカリ族が、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われてしまったという。そこでのび太たちはヒカリ族を救うために、再び原始時代へと向かうのだったが…。

旧作『ドラえもん のび太の日本誕生』のリメイク作品。
旧作も好きですが新作も楽しめる内容です。

なんといってもドラえもんの道具のカブの食べ物が美味しそうなんですよ。
カブの蓋を開けると自分が食べたいものに変わるんです(笑)

のび太君はそのまま食べてましたけどね(笑)

今回ギガゾンビという敵がいるのですが、
ドラえもんもドラゾンビという神様になって未来の道具を使います(笑)

ギガゾンビvs.ドラゾンビ勝つのはどちらか。必見ですね。

ギガゾンビの正体はいかに。

のび太君が作った三匹のペットとの別れはうるって来ました。
気になる方は是非!!





4位『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』










藤子・F・不二雄原作の人気TVアニメの劇場版。ひみつ道具が展示された未来の博物館を舞台に、謎の怪盗DXに奪われたひみつ道具を取り戻すためにドラえもんとのび太たちが繰り広げる大冒険を描く。ゲスト声優は「パラダイス・キス」「きいろいゾウ」の向井理。監督は「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」の寺本幸代。
 ある日、謎の男・怪盗DXによってドラえもんの鈴が盗まれてしまう。ドラえもんとのび太たち一行は、手がかりを求めて未来にある“ひみつ道具博物館(ミュージアム)”に向かう。そこは、全てのひみつ道具が展示された夢のような博物館。ところが、そこにも怪盗DXが現われ、ひみつ道具が次々となくなってしまう。そこで、大切なひみつ道具を取り戻すべく、怪盗DXの行方を追って大冒険へと繰り出すドラえもんたち一行だったが…。


こちらはperfumeが主題歌を歌ったことでかなり有名になりましたよね。
僕も映画館で見に行きました(*´ω`)

結構面白いんですよ。ひみつ道具博物館。

序盤にドラえもんの鈴が盗まれて、ひみつ道具博物館にのび太君一行は向かうのですが、

のび太君はドラえもんのために、鈴を探すんです。

のび太君のドラえもんへの友情の熱さや終盤の戦いのドラえもんのかっこいい良さに必見です!!

僕も見に行った時は
「おおおおおおお」と思ってしまいました(笑)


この作品はハプニングに必見です(笑)
しずかちゃんが大変なことになります(笑)





3位『ドラえもん のび太と鉄人兵団』




脚本は原作者の藤子・F・不二夫。監督、芝山努。ある日偶然、ロボットの部品を見つけたのび太たち。あまりにも大きい部品だったため、ひみつ道具“入りこみミラー”を使って鏡の中の世界に入り、そこで組み立てることに。鏡の世界は現実世界とそっくりだけれど左右が逆で、人間もまったく存在しない世界。のび太たちは完成させたロボットをサンダクロスと名付け、鏡の世界で遊んでいたが、ロボットの持ち主だという少女リルルと出会い、彼女にサンダクロスを返すことにする。だが彼女は、地球制服を企むロボットの国“メカトピア”から送り込まれたロボットだった! 鏡の世界の中で地球攻撃のための基地を作り始めたリルル。と、そのとき、鏡の世界に異変が起こり、リルルも怪我を負ってしまう。果たしてのび太たちはリルルと戦うことになってしまうのか…!?

allcinema:『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団
旧作ドラえもん鉄人兵団。

リメイク版もいいんですが、僕は旧作版が好きなんですよ。

人類vsロボット。鉄人兵団強いですよね。
大群で来るんですよ。ロボットの軍勢が。
のび太、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫の鏡の世界をうまく使った戦いに必見です。

最後のリルルの別れは涙必見です。

見ているだけで悲しくなってきます。


2位『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』











記念すべき映画化25周年を迎えた国民的人気アニメーション“ドラえもん”の劇場公開版第25作目。人間の身勝手で捨てられた犬や猫たちを救うため、のび太とドラえもんが3億年の時空を超えて奮闘するファンタジー・アドベンチャー。監督はこれまでも同シリーズを多数手掛けてきた芝山努。同時上映は「Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」
 ある日、のび太は川でおぼれていた子犬を発見し助け出す。その子犬をイチと名付けたのび太は、そのまま家に連れ帰り、ママには内緒で自分の部屋で飼うことに。数日後、裏山に遊びに行ったのび太は、人間たちに捨てられたたくさんの犬や猫を目にして、人間の身勝手な振る舞いに怒りを覚えるのだった。そして、彼らを救うため、人間のまだ存在しない大昔に連れて行くことを思いつく。さっそく、スモールライトでイチやその他大勢の犬や猫を小さくすると、一緒にタイムマシンに乗り込み、人間が誕生するはるか以前の3億年前の地球へと向かうのだった…。


旧作ドラえもん、最後の映画ドラえもん。
ちなみに僕が二番目に好きな作品です(*´ω`)

この作品は犬や猫が好きな人はかなり楽しめるはず。
動物の大切さがわかる作品になっています。

この作品ものび太君のイチへの優しさと愛情の深さ、仲間の大切さが伝わってくる作品です。
イチとの感動の再開は本当に良かったと感じました。


ドラえもんのヒロインのために必死で戦う姿に必見です。
実質道具なしで戦ってます(笑)



1位『ドラえもん のび太と雲の王国』




脚本は原作者の藤子・F・不二雄。監督、芝山努。主題歌「雲がゆくのは」の作詞・歌を武田鉄矢が手掛けた。雲の上には天国がある。そう信じているのび太のために、ドラえもんはひみつ道具“雲かためガス”などを使って雲の上に素敵なお城を作る。しかし、雲の上には本当に別の世界があったのだ。空にある天上世界に迷い込んでしまったのび太たち。そこは、天上人たちが絶滅した動物を保護して暮らす天国のような場所だった。だが、親切そうな彼らは実は恐ろしい計画を実行しようとしていた。自然を壊し、動物を迫害し続ける人間に天罰を下すため、大洪水を起こして地上の文明を滅ぼす。のび太たちは天上世界から逃げ出そうとするが、ドラえもんが雷に打たれて故障してしまい、しずかたちもつかまってしまう。雲の王国にひとり逃れることができたのび太は…!?

allcinema:『映画ドラえもん のび太と雲の王国
この作品は主題歌を武田鉄矢さんが「雲が行くのは」歌ったことでドラえもんマニアでは有名です。
名曲なんですよこの曲。僕がドラえもんで大好きな曲です。たまに歌ってます(笑)

ある日のび太君たちは雲に王国を作るんです。
現実から逃れて楽しく雲に王国を作るんですけど、実は空には天上人が。

ストーリーが進む中で、
天上人は大気汚染や環境を壊す地上の人間を洪水で滅ぼすことが発覚してします。

ドラえもんの決断力の凄さに必見です。
地上の人間を守るためにもの凄い行動に出ます。

ドラえもんのマニアが知っている、
作中にキー坊や「ドンジャラ村」のホイ君が再登場するのもこの作品です。

のび太君とドラえもんのために力になってくれます。

お子さんに緑の大切さを教えるのもいい作品です。



まとめ

eiga_kantoku
いかがだったでしょうか。

みなさんが知っている作品はございましたでしょうか。
やっぱりドラえもんはどの作品見てもいい作品が多いですよね。

僕は、旧ドラえもん世代ですが、

新ドラえもん、旧ドラえもん両方好きです。
賛否両論ですけどね。

ドラえもん映画を見る際には参考にしていただければ幸いです。

ブログランキングやっています!!
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

映画レビューランキング

映画レビューランキング