BIBAI1995098_TP_V

みなさんこんばんは、ケントゥです。


皆さん、『西遊記』はお好きでしょうか?西遊記っていいですよね。中国の昔話で三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒の三匹の妖怪のお供に連れて旅をして、天竺を目指す話ですよね。

『西遊記』といったら、元SMAPの香取慎吾さんの主演の『西遊記』ではないでしょうか。僕は小学生の頃によく見てました。たしか月曜日の夜九時でしたよね。今でも覚えています(笑)

ひと昔の世代だと堺正章さん主演の『西遊記』ですよね。でもモンキーマジックでかなり有名ですし、たしか最終回に出てきましたぁ。僕は世代ではないので曲しかわかりません。


そこで今日はカンフー映画『ドラゴン・キングダム』をレビュー。マジで面白いからかなりおススメ。カンフー映画なので小学生のお子さんがいたら真似しちゃうかもしれないので注意。僕は昔、弟に見せたらその気になってました(笑) ちなみに僕もです。





ドラゴン・キングダム』とは?
現代のボストン。カンフー映画の海賊版を探しにきた中華街の質屋で高校生のジェイソン・トリピティカス(マイケル・アンガラノ)は光っている棒に目をとめる。それは夢の中でモンキー・キング(孫悟空)が使っていた金の棒だった。店主のホップ(ジャッキー・チェン)によると彼の一族が代々引き継いで持ち主を待っているという。

帰り道にクラスメートの不良たちにつかまったジェイソンはヘナチョコぶりを見破られて質屋強盗の手引きをさせられる。店内を物色する少年たちはホップを撃ち、ジェイソンは倒れたホップからあの棒を託されたが、ギャングから逃げるうちにビルの屋上から墜落。

意識を取り戻すと自分が古代中国に似た異世界キングダム(Forbidden Kingdom/禁忌王国)にいることを知る。驚く間もなくジェイド将軍の軍団に捕まりそうになるが通りがかったルー・ヤン(ジャッキー・チェンの二役)に助けられた。

悪党を倒し孫悟空を救う使命を知ったジェイソンは、将軍を敵と狙うゴールデン・スパロー(リウ・イーフェイ)、白衣の道士であるサイレント・モンク(ジェット・リー)と出会う。モンクも孫悟空を救うために旅をする強者だった。

Wikipedia:『ドラゴン・キングダム』より

カンフー映画を見たことがある人だったら聞いたことがあるかもしれませんが、あのジャッキー・チェンとジェット・リーの初共演作品なんです。カンフー映画ではこの二人は有名ですね。




主人公はカンフーオタク高校生。

otaku

外国の高校生のイメージって「hey!guys!」「ウェーイ!」という感じに外国人ってあかるそうなイメージがありますよね。でも主人公のジェイソンは比較的に大人しいカンフーオタクの高校生。この作品の主人公。

ジェイソンはケンカは弱くて、カンフーが好きというだけで不良から目をつけられてボコボコされます。カンフー映画だと主人公が弱いというのは設定はよくありますよね。カンフー映画あるあるです。

でもここから師匠に修行をつけてもらい強くなるのが漫画でもアニメでも王道の展開ですよね。そして宿敵や悪役を倒してハッピーエンドになるのがカンフー映画の醍醐味ですよね。

カンフー映画では最初から強い主人公もいますが、弱い主人公だと応援したくなります。



でもジェイソンは「異世界で伝説の如意棒に選ばれただけ」で強いわけではありません。
旅の最中に仲間に「お前、本当に強いのか?」と言われます(笑)そこは仕方がないですね。


一行は石化された孫悟空を救うために、悪のジェイド将軍を倒すために旅をします。



2人の師匠がジェイソンを鍛える。

ijime_boys_teacher

ジェイソンは将軍の軍団に捕まりそうになったところに偶然通りかかったルー・ヤン(ジャッキー・チェン)に助けられます。ジェイソンが孫悟空の如意棒を持っていることから一緒に旅をすることに。

そして道中に将軍を狙うゴールデン・スパロー(リウ・イーフェイ)や修行僧のサイレント・モンクに出会います。悪党を倒して孫悟空を救う使命だと知ったジェイソンは一緒に旅をすることになります。

カンフーがまったく使えないジェイソン。そこでカンフーの達人であるルー・ヤンとサイレント・モンクにカンフーを教わります。二人の修行は厳しいものでしたがジェイソンの「強くなりたい」という思いで厳しい修行を経て、ジェイソンは如意棒とカンフーが使いこなせるようになります。


また、二人からカンフーを教わったことにより、ジェイソンは次第に如意棒の使い方やカンフーの戦い方、カンフーのあり方を理解することになります。


最初の頃はかなり弱々しかったオタクだったのに、修行後は如意棒ぶんぶん回してを使いこなすのはカッコいいですよね。弱くて優しいジェイソンだからこそ、オタクの彼を応援したくなってきます。




王国を救うために戦う。

kung-fu_man

どんな作品でも悪い奴がいて、必ず支配していますよね。カンフー映画って悪い奴を倒してハッピーエンドとみたいな感じでかなり分かりやすいですよね。これは王道ですよね。

頭でっかちの僕でもかなり分かりやすいです。なんとなくストーリー見ていたら「コイツが悪役で、良い奴、仲間なんだな~」といった感じに理解しやすいですよね。難しくないです。

『ドラゴン・キングダム』もそうで悪役のジェイド将軍が敵です。王国を支配していて将軍は自分の身を守るために邪魔ものである孫悟空を石化させます。


孫悟空の如意棒で石化を解かせないために、ジェイド将軍は軍団を使ってジェイソンの邪魔をしてきます。一行の目的は孫悟空を救い出しジェイド将軍を倒すことが目的です。


ジェイド将軍や部下がまた念力(?)の使い手でカンフー+念力を使ってジェイソン一行を苦しめまてきます。ジェイド将軍対孫悟空のアクションシーンも結構面白いので見ものです。



カンフーのシーンがかっこいい。

eiga_kantoku

カンフー映画の醍醐味ってやっぱりカンフーなんですよね。だからもう、師匠や仲間、敵のカンフーのシーンかっこいいんですよ。CGを使ってのを念力(?)、空中、壁蹴り何でもありです(笑) 

アクションシーンなんか見ていると「なんでここまで動けるの?マジスゲー」って思っちゃいました。

あの動きもワイヤーアクションだからなせるシーンだなって思いました。ルー・ヤン(ジャッキー)vsサイレント・モンク(ジェット・リー)のカンフーは見ていて胸熱です。かなりカッコいいです(笑)

二人のファンという人はかなり嬉しいのではないでしょうか。


ちなみに僕は『ドラゴンキングダム』を視聴したあとに「俺強くなったんじゃね」と思ってましたね(笑)強くなった気でいました(笑)これはカンフーあるあるですよね(笑)




まとめ

OOKIMGL0691_TP_V

いかがだったでしょうか。カンフー映画って良いですよね。僕は結構好きです。戦っているシーンは本当にカッコいいですし男としてなにかがこみ上げてきますね(笑)

ここまで「良い作品だよ」と書きましたが、おそらく見る人によって微妙な作品でもあるし、カンフーが好きな人だったらかなり面白い作品かもしれません。

でも僕はこの作品をおススメします。ホント、映画って見る人によっては変わるから良いですよね。皆さんどんどん映画を見て、良い映画ライフにしてください♪


皆さんもよかったらゲオやTSUTAYA、アマゾンプライムなどで視聴してみてはいかがでしょうか。


ブログランキング実施中ですよろしくお願いします。


映画レビューランキング

備忘録・雑記ランキング