カテゴリ: 映画

KAZ19514004_TP_V

みなさん、こんばんはケントゥです。


みなさん、電気って便利ですよね。スマホ見たり、テレビ見たり、冷蔵庫に使ったりと電気は生活にだいぶ欠かせないものです。生活において電気を使うものはたくさんありますよね。

もしも災害の時に電気が突然ストップしてしまったらどうなるでしょうか。生活のほとんどが電気なので生活が成り立たないと思います。できないことが出来るんじゃないかと思います。

「さっきまであれ使えていたのにあれ?」「なんで使えないんだよ」といった感じに
なるんじゃないかと思います。住民は最低限の生活ができるように生活必需品の確保が始まります。これを聞きつけた転売ヤーはいち早く買い占めて高額で売りつけてきます。

焦った人たちはスーパーに駆け込んですぐにお水や食料は無くなってしまい、「商品棚には災害と関係ない物」と「腐った肉や野菜がおいてあるだけ」の状態に。

もちろん警察、消防も機能しません。田舎かどこかへ逃げるしかありませんね。



今回のマスク転売の件でそれがよくわかったような感じがしました(;´Д`)


そこ今回は「災害時に備えることは大事だよ」「人との繋がりは大切だよ」ということをを教えてくれるサバイバル映画『サバイバルファミリー』を僕の解釈でレビューしたいと思います。

ちなみにアマゾンプライム、ネットフリックス配信中!






サバイバルファミリーとは。


ある日、突然日本全国の電力供給が止まり、それに伴いガスや水道といったライフラインも全て停止してしまう。 それらに留まらず、自動車やパソコン、携帯電話や時計といった生活必需品までも使用不可能となり、あらゆる情報網が遮断され、人々は自給自足の生活を強いられる。 通貨や紙幣、ブランド物は無用の長物となり、人々は施しや物々交換で日々の生活を凌ぐ。

東京都内に住む鈴木一家は数日で生活に困窮することとなり、「西日本へ行けば電力網が活きている」という噂を頼りに光恵の実家である鹿児島へ向かう事になるが、 飛行機などの交通機関も使えないため、止むなく自転車での長距離移動を決める。

鈴木一家は高速道路を自転車で西へ進み、サバイバル生活の中で様々な人々と出会いながら、鹿児島を目指す。

Wikipedia:『サバイバルファミリー』より

この作品は生きることにおいて、備えの大切さや家族のきずなを教えくれる作品です。僕も見ていて緊急時はこんなことが起きるんだと知らされました。



どこでもいるようなふつう家庭。

building_mansion2

話の中心は都内のマンションに住む鈴木家。父と母、長男、長女の4人家族。父の義之は典型的なおやじの普通の会社員。母の光恵は魚やお肉などのナマ物が苦手な主婦。長男の賢治は都内の大学生。長女の結衣は典型的なスマホ依存の女子高校生。今風のどこにでもいる家庭。

そんなどこにでもいるような家族ですが家族間の中はあまり良いものではありませんでした。

長男は基本的に両親には無関心。夕食もマックで済ませたり声も聴きたくないのか、ヘッドホンを着けてずっと音楽は聴きっぱなし。長女はスマホ依存症でいじっており、友達のやり取りに疲れいる様子。


そんな長男と長女を見て頭を悩ませる父。現代に本当にいそうなサバサバしたような家庭でした。


突然、電気が止まる。

denchu_densen_machi

突如として電気が使えなくなってしまいます。テレビをつけてもつかない、料理をしようとも冷蔵庫は冷えていない。音楽を聞こうとしてもヘッドホンから音楽は流れない、携帯はウンともスンとも言わなくなってしまいます。

そんな突然の出来事に「停電か?」「壊れているのか?」と疑問に思って
外に出てみますが、どこの家庭も同じで電気が流れてこないようでした。

「大規模な停電だろう」「明日には復旧するだろう」と思い、明日に学校と会社へ。しかしいくら待っても電車は来ない車も動かない。学校に行っても電車が先生が来れないために授業は自習。会社で仕事をしようとも電話やパソコンが動かない。困ったものでした。

疑問にもった人たちは、「これは停電ではなく、大規模な災害だ」とうことを知ることに。


各地で買い占めがはじまる。

shopping_kaishime

電気が流れてこなことを知った人たちは、生活ができるように水を買い占めようとします。電気もない薄暗いスーパーには大勢の人がペットボトルの水や缶詰を買ったりしてました。

一方なま物のお肉は野菜は冷房が切れてるためか腐り始めいるようです。数分にも立たないうちにペットボトルは在庫が切れに。個人店などは「チャンス」だと思いペットボトルの水を高値で売る始末。

食料も水も足りていないのか食料と水の物々交換も。そんなことになり生活ができないのでした。



電気止まっていない西へ。

travel_happy_family_set

そんな生活の中で、噂で「西のほうはまだ電気はある」ことを知ります。そんな鈴木家は家族会議を行い、食料を整えて自転車を購入して西へ向かいます。

「どうやって西へ向かえばいいのか」と困る鈴木家でしたが母の光恵が誰もいない高速道路を使っていこうと言います。かなり果てしない距離ですが鈴木家は自転車で西を目指します。

道中では父が頼りがないことでケンカになったり、アウトドアの斎藤家に出会ったり、川を渡ろうとして流されたり、様々なトラブルが鈴木家を襲います。



家族のきずなが試される。

mark_kiduna

そんな鈴木家ですが、色々な困難が待ち受けています。子供たちに頭を下げたり、川に流されそうになったり、お世話になった家庭では豚を解体することに。行く先々で様々な困難を繰り広げることになります。そこは家族が一丸(?)となって乗り越えていきます。

はじめは嫌がっていた子供たちが出来事があるごとに生きるための知識や心情の変化がみれるのもこの作品の醍醐味です。長男の賢治が水がない中、クルマの補充液を飲んでいたシーンは「なるほどな」と思いました。

でもバッテリーの補充液は様々な添加物や物質を含んでいるので飲むは危険なようなです。飲むとしたら「精製水」だそうですね。ほかにも飲める水はあるようですが、調べないとダメです。




まとめ

greenbagGFVL3429_TP_V

生きることにおいて、備えは本当に大事ですね。今回のコロナウイルスにおいても、大震災においても食料の貯蓄や知識などは必要不可欠な感じがしました。

いつ災害が来るかは分からないわけですし。今回のトイレットペーパーデマような「へんな嘘つき」もいつあらわれてもおかしくはありません。あれだって買い占めや転売が起きましたよね。現に今もマスクが入手困難でありますし…


僕はサバイバルファミリーを見ていてそう思いました。


この作品は面白いですのでおススメです。皆さんも見てみてはいかがでしょうか。


ブログランキング実施中ですよろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

映画レビューランキング


BIBAI1995098_TP_V

みなさんこんばんは、ケントゥです。


皆さん、『西遊記』はお好きでしょうか?西遊記っていいですよね。中国の昔話で三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒の三匹の妖怪のお供に連れて旅をして、天竺を目指す話ですよね。

『西遊記』といったら、元SMAPの香取慎吾さんの主演の『西遊記』ではないでしょうか。僕は小学生の頃によく見てました。たしか月曜日の夜九時でしたよね。今でも覚えています(笑)

ひと昔の世代だと堺正章さん主演の『西遊記』ですよね。でもモンキーマジックでかなり有名ですし、たしか最終回に出てきましたぁ。僕は世代ではないので曲しかわかりません。


そこで今日はカンフー映画『ドラゴン・キングダム』をレビュー。マジで面白いからかなりおススメ。カンフー映画なので小学生のお子さんがいたら真似しちゃうかもしれないので注意。僕は昔、弟に見せたらその気になってました(笑) ちなみに僕もです。





ドラゴン・キングダム』とは?
現代のボストン。カンフー映画の海賊版を探しにきた中華街の質屋で高校生のジェイソン・トリピティカス(マイケル・アンガラノ)は光っている棒に目をとめる。それは夢の中でモンキー・キング(孫悟空)が使っていた金の棒だった。店主のホップ(ジャッキー・チェン)によると彼の一族が代々引き継いで持ち主を待っているという。

帰り道にクラスメートの不良たちにつかまったジェイソンはヘナチョコぶりを見破られて質屋強盗の手引きをさせられる。店内を物色する少年たちはホップを撃ち、ジェイソンは倒れたホップからあの棒を託されたが、ギャングから逃げるうちにビルの屋上から墜落。

意識を取り戻すと自分が古代中国に似た異世界キングダム(Forbidden Kingdom/禁忌王国)にいることを知る。驚く間もなくジェイド将軍の軍団に捕まりそうになるが通りがかったルー・ヤン(ジャッキー・チェンの二役)に助けられた。

悪党を倒し孫悟空を救う使命を知ったジェイソンは、将軍を敵と狙うゴールデン・スパロー(リウ・イーフェイ)、白衣の道士であるサイレント・モンク(ジェット・リー)と出会う。モンクも孫悟空を救うために旅をする強者だった。

Wikipedia:『ドラゴン・キングダム』より

カンフー映画を見たことがある人だったら聞いたことがあるかもしれませんが、あのジャッキー・チェンとジェット・リーの初共演作品なんです。カンフー映画ではこの二人は有名ですね。




主人公はカンフーオタク高校生。

otaku

外国の高校生のイメージって「hey!guys!」「ウェーイ!」という感じに外国人ってあかるそうなイメージがありますよね。でも主人公のジェイソンは比較的に大人しいカンフーオタクの高校生。この作品の主人公。

ジェイソンはケンカは弱くて、カンフーが好きというだけで不良から目をつけられてボコボコされます。カンフー映画だと主人公が弱いというのは設定はよくありますよね。カンフー映画あるあるです。

でもここから師匠に修行をつけてもらい強くなるのが漫画でもアニメでも王道の展開ですよね。そして宿敵や悪役を倒してハッピーエンドになるのがカンフー映画の醍醐味ですよね。

カンフー映画では最初から強い主人公もいますが、弱い主人公だと応援したくなります。



でもジェイソンは「異世界で伝説の如意棒に選ばれただけ」で強いわけではありません。
旅の最中に仲間に「お前、本当に強いのか?」と言われます(笑)そこは仕方がないですね。


一行は石化された孫悟空を救うために、悪のジェイド将軍を倒すために旅をします。



2人の師匠がジェイソンを鍛える。

ijime_boys_teacher

ジェイソンは将軍の軍団に捕まりそうになったところに偶然通りかかったルー・ヤン(ジャッキー・チェン)に助けられます。ジェイソンが孫悟空の如意棒を持っていることから一緒に旅をすることに。

そして道中に将軍を狙うゴールデン・スパロー(リウ・イーフェイ)や修行僧のサイレント・モンクに出会います。悪党を倒して孫悟空を救う使命だと知ったジェイソンは一緒に旅をすることになります。

カンフーがまったく使えないジェイソン。そこでカンフーの達人であるルー・ヤンとサイレント・モンクにカンフーを教わります。二人の修行は厳しいものでしたがジェイソンの「強くなりたい」という思いで厳しい修行を経て、ジェイソンは如意棒とカンフーが使いこなせるようになります。


また、二人からカンフーを教わったことにより、ジェイソンは次第に如意棒の使い方やカンフーの戦い方、カンフーのあり方を理解することになります。


最初の頃はかなり弱々しかったオタクだったのに、修行後は如意棒ぶんぶん回してを使いこなすのはカッコいいですよね。弱くて優しいジェイソンだからこそ、オタクの彼を応援したくなってきます。




王国を救うために戦う。

kung-fu_man

どんな作品でも悪い奴がいて、必ず支配していますよね。カンフー映画って悪い奴を倒してハッピーエンドとみたいな感じでかなり分かりやすいですよね。これは王道ですよね。

頭でっかちの僕でもかなり分かりやすいです。なんとなくストーリー見ていたら「コイツが悪役で、良い奴、仲間なんだな~」といった感じに理解しやすいですよね。難しくないです。

『ドラゴン・キングダム』もそうで悪役のジェイド将軍が敵です。王国を支配していて将軍は自分の身を守るために邪魔ものである孫悟空を石化させます。


孫悟空の如意棒で石化を解かせないために、ジェイド将軍は軍団を使ってジェイソンの邪魔をしてきます。一行の目的は孫悟空を救い出しジェイド将軍を倒すことが目的です。


ジェイド将軍や部下がまた念力(?)の使い手でカンフー+念力を使ってジェイソン一行を苦しめまてきます。ジェイド将軍対孫悟空のアクションシーンも結構面白いので見ものです。



カンフーのシーンがかっこいい。

eiga_kantoku

カンフー映画の醍醐味ってやっぱりカンフーなんですよね。だからもう、師匠や仲間、敵のカンフーのシーンかっこいいんですよ。CGを使ってのを念力(?)、空中、壁蹴り何でもありです(笑) 

アクションシーンなんか見ていると「なんでここまで動けるの?マジスゲー」って思っちゃいました。

あの動きもワイヤーアクションだからなせるシーンだなって思いました。ルー・ヤン(ジャッキー)vsサイレント・モンク(ジェット・リー)のカンフーは見ていて胸熱です。かなりカッコいいです(笑)

二人のファンという人はかなり嬉しいのではないでしょうか。


ちなみに僕は『ドラゴンキングダム』を視聴したあとに「俺強くなったんじゃね」と思ってましたね(笑)強くなった気でいました(笑)これはカンフーあるあるですよね(笑)




まとめ

OOKIMGL0691_TP_V

いかがだったでしょうか。カンフー映画って良いですよね。僕は結構好きです。戦っているシーンは本当にカッコいいですし男としてなにかがこみ上げてきますね(笑)

ここまで「良い作品だよ」と書きましたが、おそらく見る人によって微妙な作品でもあるし、カンフーが好きな人だったらかなり面白い作品かもしれません。

でも僕はこの作品をおススメします。ホント、映画って見る人によっては変わるから良いですよね。皆さんどんどん映画を見て、良い映画ライフにしてください♪


皆さんもよかったらゲオやTSUTAYA、アマゾンプライムなどで視聴してみてはいかがでしょうか。


ブログランキング実施中ですよろしくお願いします。


映画レビューランキング

備忘録・雑記ランキング



yuseiIMGL2413_TP_V

こんばんは!ケントゥです。

みなさん、映画はお好きでしょうか?
映画っていいですよね。僕も映画は好きでよくTSUTAYAやゲオで借りてきてよく見てます。

もちろん、映画館でも見ますよ。話題作は確認するようにしています(笑)

でもやっぱり大きい画面で見る映画は最高です。


何と言っても臨場感や緊張感、大きい音声、大きい映像で楽しむ映画は良いものです。
それと内容が面白いとますます楽しめますよね。


名作はいつ見ても最高です。また見たくなりますね。


キャラクターの心情やストーリー考察、伏線を楽しむのは良いですよ。

僕は映画見ているときはキャラクターの一人が不思議な行動をとると


「このキャラクター何かあるな」と疑ってしまいます。
中盤あたりでその行動の意味や真実がわかると。

「あーなるほどなー」と理解してしまいます。真に受けやすいですかね(笑)



最近の監督って漫画を実写化しますよね。最近では作品はかなり多くなりました。
かならず人気作は実写化しますよね(笑)

なんなんですかねあれ。

まぁ最初は好きな漫画が実写化するとうれしいんですよ。最初だけは。



でも評価やだだ下がりのレビューを見てみると、

「おいおい監督ちゃんと原作読んだの」という残念な気持ちなります。

実際見てみると「ああこの映画」つまらないんだなと思ってしまいますね。
もうこれは監督の力量だと思います。


もちろん実写化が成功している映画もあります。


逆に面白いと「原作も読んでみようかな」となって漫画も読んじゃいますね。

そこで今日は「なぜ実写にすると失敗するのか」を
僕なりに考察していきたいと思います。




なぜ人気作を実写化するのか。

entertainment_comic

 簡単にいうと儲かるからです。よく読まれているマンガだからきっと実写化するとしたらこれは売れるだろうと思って映画化するのだろうと思います。

そのマンガが売れている=実写化したら売れるというわけです。
でも決して実写化したら売れるわけではありません。


当たり前のことですが、監督の力量や表現によってその作品の面白さは変わってきます。


「原作を知っている大ファンの俺だったら面白い作品にできる!!」
といった監督がつくる映画は面白くなる傾向があります。



最近ではフランスで『シティーハンター』が実写化されました。
レビューも高評価であり、良さそうな感じでした。



僕もチラリと予告編は見ましたがかなり面白そうな作品でした。
こういった感じで監督が原作をしっかりと確認していると面白くなると思います。

実写化した『シティーハンター』は公開終了してしまいました。
でもDVDとBlu-rayが楽しみですね(笑)



なぜ、実写映画はつまらなくなるのか。

eiga_kantoku

これは監督が作品を作る前にその作風にしなかったことや脚本がストーリー内に原作ではなかった変な伏線があると面白くなりません。むしろ、そこで失敗するとおかしな作品になりがちだと思います。

こういうことをやると、楽しみにしていたファン(?)が

「おいおい、このシーン、原作では●●が●●なのに、なんで○○になっての?」
といった残念な感じになってしまいます。そういった作品は多いです。


それと、歌う個所ではないのに歌う映画ってありますよね。

あれじゃないですよ。デ●ズ二ーの。

そんなことするなら、原作者と話して漫画では描かれていなかった箇所を
映画で再現するとかもいいかもしれません。

脚本家自身が考案するとか。原作ファンはどうっていうかわかりませんが、
原作に沿って作品を作ったほうがいい僕は思います。

一人で作っている映画は面白くないですからね。
一丸となって作るから面白くなるわけですね



なぜ実写映画になるとボロクソ叩かれるのか。

kids_tataitekabutte

これは監督が原作を無視して実写化したり、どうみてもこの映画にはあわない俳優や女優をキャスティングにすると物凄く叩かれることがあります。あとへんな演出したりすると叩かれますね。

あとどうみても世界観を再現できない漫画を再現しようとして叩かれますよね(笑)
あとから気づかないのかなって思っちゃいますよね。


今ではインターネットやSNSがありますから原作を無視していると炎上します。

僕はTwitterとか炎上したというニュースを見るとよく原作も見ていないのに実写化しようと思ったなと毎度、驚いています。原作ファンには原作ファンなりの世界観(イメージ)があるわけですから

そこに入っていかないと叩かれるわけです。

まぁ原作は原作のままでいいという人もいますけどね。人それぞれです。


実写映画になるとコスプレ感がすごい件。

ishinageteagirl_TP_V

実写化は日本が多いと思います。むしろ有名作品は日本が多いです。
漫画ではその世界観がある中でその服装が出ていますね。

原作を見ていても「こういった服装なんだな」と理解してしまいます。

俳優さんや女優さんが原作の服装をすると、非現実から現実に戻された感じがして、服装が合わなくなってしまいます。これは実写化の難しい所ですよね。

うまく再現しろっていっても再現できないですし。脚本家の悩みどころじゃないかと思います。

また現実的にすると叩かれるし。大変です。

CGに頼るしかないですかね。こればかりは。


実際、実写化に成功した作品は。

business_group_happy


実写化に失敗した分、成功した作品はたくさんあります。有名な作品だと『デスノート』ですよね。
あれはもともとの世界観は現実的(?)でしたし。

演技力が高い藤原達也さんだったからこそできた作品じゃないかと思われます。
僕はあの表現力の高い演技が大好きです。公開されたカイジも見てみたい!!


非現実でも監督が原作通りにキャスティングしてくれるとブレイクするじゃないかと思います。

僕が言うのもなんですが、

面白い映画=「監督の力量とみんなが協力して作ったか(?)」だと思います。
どの映画でも言えることです。

映画の世界とかわからないですけどね。考察です。

楽しく作っていなかったら、
どんなに面白い作品も面白くもありません。








まとめ

movie_family

いかがだったでしょうか。やっぱり結論としてみんなで協力したからだと思っています。一人では面白い作品はできません。僕が考察する限りでは。

ここでいっても仕方がないですけどね。

でも、原作を実写化するとしたら、監督や脚本家には原作をくまなく確認してから望んで欲しいです。
でないと原作をぶち壊すわけですから。

面白い作品であって欲しいです(*´ω`)





↑このページのトップヘ