gorimepIMGL7701_TP_V


みなさんこんばんは!ケントゥです。

皆さん、詐欺って怖いですよね。突然知らない人から電話が来たり、メールが来たり、TwitterをしていたらDM(ダイレクトメール)が来てそれが詐欺だったという話がいっぱいあります。

オレオレ詐欺など色々な詐欺が沢山あるのが現代です。「俺(私)は騙されんよ」と思っていても有名企業になりすましてそのまま騙すケースが多いです。そしてリンクに誘導してアカウントを乗っ取られるケースがあります。


実際、それに騙されて大変な被害に遭った方もいます。
僕もスマホのメールを開いていてAmazonやAppleからメールが来て「騙された」ことがあります。


普通の迷惑メールだったら、

「ねぇねぇ久しぶり♡ミサだよ♡LINEしよ」と来ていかにもハニートラップなメールなので

「ん???誰だお前?詐欺メールだな無視!無視しよ」
となります。


appleなど利用している普段利用しているサービスだったらこうもいきません。「あれ?」と思って信じてしまいます。有名企業を装っているので騙されてしまいます。僕もそうでした。


ホントそっくりに作ってくるんですよね。精巧に作ってあるんですよね。
「その技術ほかに活かせよ」って思うくらいです。ホント無駄な技術です。

そこで今日は、実際にフィッシング詐欺に遭った時の話をしたいと思います。



ある日、突然メールが届く。

TRTM9737_TP_V


僕のメールアドレスは個人用に使い分けていてYahooメール,Gmailと。いくつアドレスをもっているんです。そして使っていないメールアドレスを放置していると読んでいないメールが999ととんでもない量になるんですよね(笑)

「読めよ」と思いますが、勧誘メールが多いので放置しています(笑)
 
どこからの情報が漏れたか知らないんですけど、Appleから領収書メールが届いたのです。

fi

これは僕が使っているYahooメールに届いたメールです。そして下にはこんな一文が
「購入を承認しなかった場合は、アクセスしてください。問題を報告する


とあったのです。この時の僕は「このメールアドレスでappleID登録していたかな?」と疑問に思ったんです。よく見ると「問題を報告する」がAppleリンク(偽物)になっているんですよ。

リンクの先はいつものアップルのサポートのホームページ(偽物)へ行くようになっています。リンク先もそっくりだから「もしかしてフィッシング詐欺かな」と思ったんですよ。

でもアドレスはappleIDに登録していないけど、本物に近かったので焦るわけです…LINEの請求ですから…「支払わないといけない」という気持ちになったんですよ。その時はかなり焦りました。


見覚えがない請求が来ているんですもの。誰でも焦ります(>_<)




auとAppleに聞いてみた。

kuchikomi1113_TP_V


朝だったので、まずは近くのauショップへ。人はそれなりにいました。

どこのauショップもそうなんですけど、パネルで整理券を取る前に店員の人が来てくれんですね。来てくれたお姉さんに状況を説明することに。

「今朝、このようなメールが来たんですけど、登録してなくて...でもLINEの請求が来ていて調べて欲しいんですけど」と訊ねたら「それフィッシング詐欺じゃないですか?」「確認が難しいです」と言われてappleの連絡先のカードを貰い退店。仕方がないので、Appleに問い合わせてみた。


Appleってオペレーターに聞こうとしても
電話番号のボタンの案内で押してもそのまま繋がらないことが多いんですよ。

「サイトを見てご自分で入力してください」と機械の音声に遠回しに言われたので


サイト見てもよく分からないし不安なので別の内容でボタンを押して直接オペレーターに繋ぎ、専門のオペレーターに繋いでもらって応対してもらうことにしました。Appleには迷惑ですけどね(笑)


オペレーターに繋ぐと親切に「今日はどうされましたか?」と聞かれたので状況を説明。オペレーターにひと安心する自分。




メールアドレスで履歴を確認。

smartphone


まずは使っていないYahooメールがAppleに登録されているかどうか確認。
確認してみるとYahooメールは登録されてもいないと判明しました。そして、登録しているGmailも確認しました。

文章では簡潔に書いていますが実際は「そのメールは他の兄弟のアカウントで使っていないか?」「クレジットは登録されていませんか?」と聞かれるわけです。


過去の履歴を見るわけですのでそれなりに時間はかかります。相手に口頭でメールアドレスを伝えないといけないですし大変です。ストアがあれば楽なのですが田舎なので車で2時間かかるので断念しました。


Gmailも確認するとこちらも履歴にはなかったようで、
僕がオペレーターさんに「もしかしたらフィッシング詐欺じゃないですか?」と言ったら専門のオペレーター(お兄さん)に変わってもらいました。LINEの請求も架空請求でした(笑)




フィッシング詐欺と断定。

computer_email_fake


オペレーターさんに状況を説明して、フィッシング詐欺の可能性があったので、Appleのリモートサポートを使い、確認することに。スマホを同期(見れる状態)にさせるとスマホの画面上に☛が表示されるんです。

この表示される状態で問題のYahooメールを確認してもらいました。



メールの「注文番号」と「注文文書」をオペレーターさんに確認。そんな番号は無いと判明。
フィッシング詐欺と見抜いたのはこういった感じでした。

・送信先のメールアドレスがおかしいこと。
noreply(連絡するな)が付くnoreply@○○○○.○○.jpというメールアドレスはない。

・氏名と住所が書かれていない。
appleでは登録されている氏名や住所を入れて送るようにしている。

・Appleの購入履歴で判別ができる。
注文番号が英数字10桁の番号が記載しているのでそれで判別。

・領収書に書かれていないことがある。
「購入を承認しなかった場合は、アクセスしてください。問題を報告する」という記載はない。
この点を踏まえればappleのフィッシング詐欺と見抜くことができるそうです。


Appleのオペレーターさんに注意されたのが送られたリンクはクリックしてはいけないこと。

開くとなにかしらのウイルスの感染もあり得ます。また、開いたAppleのそっくりなページでAppleIDとパスワードを打ち込むと乗っ取られる可能性もあるそうです。


僕は怖かったので急いでパスワードを変更しました。大文字英数字小文字含めた強力なやつです。入力してしまった人は急いでパスワードの変更をしてください。


乗っ取られるとクレジットなど不正利用されて請求書が届きます。



まとめ

roujinIMGL8405_TP_V

世の中、情報社会ということもあり詐欺というのは本当に怖いですよね。僕はある程度はそういった知識は持っていましたが実際に送られるとかなり焦りました。


実際に遭ってみないと分からないものですからね…


皆さんはもしも送られたら自分で対処するのではなくAppleや携帯ショップに問い合わせるなどの対処をしたほうがいいかもしれません。ネットを利用するうえで知識もあったほうが尚更良いですね。


楽しいほうが良いですからね。知識を持って楽しいネットライフを♪


ランキング実施中ですよろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加